交通事故の示談金は?

 

交通事故は加害者になっても被害者になっても大変です。
車同士の事故や建物などにぶつかった場合は物損の処理がありますし、怪我人が出たら通院や入院の手続きなども発生し、あれこれとやらなくてはいけないことが山積みになってきます。

そして、一番大切で大変な手続きが「示談」ではないでしょうか。
示談するには示談金が必要となりますが、その金額を決めるのはとても難しいことです。
ただ、示談金はやみくもに金額を提示したり、提示された金額をそのまま鵜呑みにするということはありません。

もちろん相場というものがありますので、相場や基準を考えてきちんと公正な示談金で解決をすることになります。
一度示談してしまったら、その内容を覆すことができないので、加害者であっても被害者であっても損をすることがないようにしたいものです。

加害者の場合、必要以上のお金を支払うようなことは避けたいと思いますし、被害者の場合は治療費などが足りなくならないようにしたいものです。
示談金の中で大きな割合を閉めるのは「慰謝料」になりますが、交通事故の慰謝料には2種類あるのをご存知ですか?

ここでは慰謝料の種類や金額の基準、具体的な計算例などについて考えていきたいと思います。
万が一交通事故に遭った時には保険会社や弁護士に相談すると思いますが、全く知識がないよりはある程度の知識を持っている方が有利になりますので、もしもの時に備えて知識を持っておくことも大切です。



[外部サイト]
交通事故の被害者になった際の示談が成立するまでの流れがわかります → 示談 交通事故